大学に入学が決まり、都内で一人暮らしを始めることになりました。
憧れだった大学生生活、それも東京で一人暮らしを始めるということで凄くワクワクした気持ちだったのです。
でも、うちの両親は結構年齢もいっている事から生活費などは自分で何とかしなければいけないという約束をしていたのです。
勉強とアルバイトと、両立できるに違いないと思っていました。
でも、現実はそんな甘いものではありませんでした。

 

 大学の生活と言うものは、思っていた通り大変に楽しいものでした。
女子大ということですが、女性同士で気軽に会話を楽しんでいく事もできるし、今まで周りにいなかったようなタイプの相手とも仲良くなれることが出来て、凄く刺激を得ることが出来ています。
花の女子大生生活、素晴らしいスタートを切ることが出来たと思いました。
都内での暮らしも楽しいことばかりだし、東京での生活を決めてよかったと思ったのです。
でも、生活費の問題があったのです。
両親に頼ることが出来ないことから、アルバイトは欠かせません。
都内ということで、仕事をする場所は沢山あるのでバイト先を探すこと自体は全く難しいことがありませんでした。
初めのうちはやる気も満々だったから、凄く頑張っていたのだけれど、次第に疲れが出てきてしまったんです。
初めのうちは気持ちも新鮮だったことから、大変なこともクリアすることが出来ていたのですが、それも次第に苦痛になってきてしまいました。
夢にまで見た女子大生生活でしたけれど、実際にやりくりをすることも大変だったし、仕事があるから友達とのお付き合いと言ったものもあまりすることが出来ないのがとても寂しかったのです。
少しでも余裕があれば嬉しいのに、何だか仕事と勉強でみっちりって感じで、他に楽しむことが出来ない状況になっていました。
アルバイトは辞めることも出来ませんし、友達と遊びに行くことだってなかなか出来ないし、気が休まる間がなかったりするんです。
もう少しゆとりを持った生活をするにはどうすれば良いだろう?そんなことばかり考えるようになっていました。
女子大と言うこともあり、恋人を作る環境もなかったし、性的な部分もたまっていて、いろいろと悩むことが多くなってきたのです。
ふと思ったのが愛人という関係なんです。
愛人になったら、お手当を頂くことができるし、性的な部分の不満といったものも解消することができる関係を作ることが出来ます。

愛人募集をするにはどうしたらよいのか?
みんなどうやって関係を作っているのか?
自分には全く分らなかったのです。
それでも、愛人という関係を作ることで今の生活を打開できるんじゃないかと言う気持ちがドンドンと膨れ上がってきました
愛人募集ができるような方法と言うものは、いろいろと考えてみたのです。
やはり現代はインターネットを利用して愛人募集をするのが一番簡単なんじゃないかと思いました。

 

 

名前:琴音
性別:女性
年齢:19歳
自己紹介:都内の女子大に入学が決まり、ハッピーな気分に。
しかし、両親が年齢がいっているために仕送りが極端に少ないことから、自分でアルバイトをしながら生活する必要が出てきた。
なかなか大変な生活に、ゆとりを持たせたいと思いパパとなってくれる男性を探すことに。